« パスワード自動生成 『bkpmaker』 | メイン | パソコンのシステム情報を瞬時に保存『PCView』 »

パソコンのシステム情報を瞬時に保存『PCView』

パソコンのシステム情報を瞬時に保存

今回のshiro-pasoでご紹介するソフトは『PCView』です。
パソコンはソフトをインストールしたりアップデートなどを行っていくたびに重くなったりあるいは何かの不具合などでWindowsの再セットアップを行うことがあります。LAN環境でパソコンを管理している場合はコンピュータ名をはじめIPアドレスなど再セットアップに必要な情報がいつくもあります。ソフトについても再セットアップの際、何のソフトをインストールしていたか、バージョンは何だったか、など分からなくなってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
このPCViewはパソコンのソフトウエアやハードウエアの情報を瞬時に収集保存しメール送信もすることができるソフトです。


1.ダウンロードをしよう

利用するのにあたってまずPCViewをダウンロードします。
矢ケ崎オフィスホームページ内「道具箱」に詳しいダウンロード先も掲載してありますのでそこから行ってください。フリーソフトなので費用はかかりません。
ダウンロードを行うと通常デスクトップに「PCView0830」というフォルダが出来ます。
(0830はバージョン)
その中の「PCView.exe」をダブルクリックすると下記の画面が開くと同時に情報が抽出されます。

pcview


2.PCViewの特長と利用方法

上記のご説明で分かるようにクリックするだけでパソコン内のハードウエア、ソフトウエア情報や環境設定情報を表示してくれます。表示された情報はtxt/CSV形式に書き出すことが可能なほか、データをメール送信することもできます。表示できる情報は「PC情報」「CPU」「NetWork」「Application」「Printer」の5種類が分類されています。
「PC情報」は、Windowsのバージョン/Product ID、IEのバージョン、現在のディスプレイ解像度、物理メモリとシステムハードディスクの容量/使用量/空き容量、接続されている各ドライブの容量/空き容量/ファイルシステム種別。利用中のパソコンがOEMマシンの場合は、製造者やモデル名もあわせて表示されます。
「CPU」は、CPUのベンダーID/種類/動作クロック/キャッシュ容量/シグネチャ/シリアルナンバーが表示されます。
LAN環境が構築されている場合は、「NetWork」に、ユーザ名/コンピュータ名/ホスト名/ドメイン名/ワークグループ名/コンピュータの説明や、IPアドレス/サブネットマスク/ゲートウェイ/DHCPサーバ/プライマリおよびセカンダリDNSと、ネットワークアダプタ名、MACアドレスが表示されます。
「Application」は、パソコン内にインストールされているソフト一覧が表示されます。なお、Windows 2000/XPではソフト一覧に加え、各ソフトのバージョンも表示されます。
「Printer」は、ネットワークプリンタを含め、利用可能なプリンタ一覧が表示されます。以上のような情報がクリックするだけで確認できるのでパソコンを管理するには最適です。


3.まとめ

このソフトに出会う前、Windowsの再セットアップを行う際には画面をコピーしたりメモしたりして行っていました。またソフトのバージョン一覧表を作成する時も個別に確認したりチェック用紙を回して確認していました。このPCviewはそういった手間も省けると同時に正しいデータを管理することができます。またもし壊れたパソコンを修理する際などにはこのソフトでデータを抽出しメーカーなどにみてもらうということも可能になりました。shiro-pasoにとってパソコンの不具合や再セットアップは分からないことや問題にぶつかることが多くあります。そんな時、この情報をもとに快適なパソコンを取り戻す又はハードウエア、ソフトウエアの正しい情報管理のためにぜひご利用ください。